宮城の旅では県内観光地の魅力をお伝えします  宮城の旅トップ >> 泉区観光メイン >> 笈分如来  

 |  宮城の旅トップ  |  泉区観光メイン  |     飲食     |  マップから探す  |   目的別検索   |


 笈分阿弥陀如来 寺院

笈分如来
  笈分如来は高さ99.8cmの木造阿弥陀如来像で作者は快慶と伝えられ、宮城県の重要文化財
  に指定されています。
  伝説では山形寒河江慈恩寺の僧覚長がかねてより快慶にたのんでいました如来像が出来た
  のことで喜んで持ち帰りました。ところがあまりの出来の良さに快慶は別れを惜しみ覚長の跡を
  追いもう一度拝もうと笈(おい)を開いてみるとなんと二体になっており快慶と覚長は一体づつ背負
  い持ち帰ったそうです。これが笈分如来の名前の由来となっているそうです。
  もう一体の如来像は京都市下京区にある連光寺にあり、こちらも字は違いますが負分如来(おいわ
  けにょらい)
と言われています。
  阿弥陀像は貞享5年(1688)、伊達綱村より寄進された堂に安置されていましたが昭和28年に
  焼失してしまいました。
  その後地元有志らの手により昭和46年、現在のものに再建されました。

笈分如来の見所
石仏  休憩場所
阿弥陀像が安置されている堂 小さな石仏がいくつもあります 休憩場所もあります
周囲は地元の人たちによって大切に手入れされ、とてもきれいに保たれています。
笈分如来の口コミ

Warning: mysql_connect() [function.mysql-connect]: Access denied for user 'LA05386608'@'157.7.106.97' (using password: YES) in /home/users/2/lolipop.jp-dp00160939/web/izumiku/oiwakenyorai/index.php on line 179
データベース接続に失敗しました。