富山(麗観)について>

富山は松島海岸と奥松島(野蒜)を結ぶ県道奥松島線の東松島市との境界近くにある山で標高116.8mの
山です。別名を麗観といい七ヶ浜町の多聞山(偉観)・東松島市の大高森(壮観)・同町の扇谷(幽観)とともに
松島四大観に数えられ松島湾の全景をほぼ正面から一望できる景勝地として知られています。古来より「松島の景悉く(ことごとく)富山に在り」と賞せられていました。
山頂には坂上田村麻呂が創建したという観音堂があります。石巻市の牧山観音・涌谷町の箟岳観音とともに
奥州三観音といわれ多くの信仰を集めています。
この観音堂の少し下には瑞巌寺第100世、洞水和尚が開山した大仰寺があります。明治天皇・大正天皇も
ここに登られ休憩をしたそうで、その休憩場となった紫雲閣は今も当時の姿で見ることができます。


富山入口と参道

富山の入口は松島海岸と奥松島(野蒜)を結ぶ県道奥松島線(県道27)側から入るのが通常のルートと思います。
左下の写真のような看板があるのでこれを目印にしてください。1kmほど進むと数台分の駐車スペースがあり
そこから観音堂まで登る石段があります。通常はこのルートを利用するのがよいと思います。石段の段数は結構
ありますが、段差は低く間隔もちょうど良いので登り易いと思います。
石段を登る自信がない場合は、駐車スペースからつづく林道を進んでいけば観音堂のすぐ下まで行くことも
できます。ただしこの道は非常に狭く崖沿いを通る為(ガードレール等は一切ありません)、運転には注意が
必要です。万が一対向車がきても、すれ違うのは無理でしょう。

県道奥松島線からの富山入口 石段 裏参道
県道奥松島線からの富山入口 観音堂まで続く石段 登りやすいですよ 裏参道

奥州三観音 富山観音

富山観音堂は坂上田村麻呂が大同年間(806〜810)に慈覚大師が作った観音菩薩像を安置したことがはじまりと
言われており、石巻の牧山観音・涌谷町の箟獄(ののだけ)観音とともに奥州三観音と呼ばれ人々に信仰されて
きました。
堂は伊達政宗の長女五郎八姫(いろはひめ)承応3年(1654)に改修させたもので、方三間、屋根宝形造瓦葺で、
石積み基壇は珍しいものといわれています。観音堂向かって右手の梵鐘は明暦3年(1657)に五郎八姫から
寄進されたもので宮城県の文化財に指定されています。
仁王門まえには松島湾の全景を一望できる展望台があります。標高117mのこの展望台は京都の清水寺のよう
に斜面に張り出しているので眼前には視界を遮るものがなく眼下の松島湾の海や島々を一望できるのはもちろん
遠く泉ヶ岳や蔵王連峰なども見ることができます。江戸時代の仙台藩の儒学者、舟山万年も麗観は松島を眺望
するに最もすばらしい四大観の一つといったそうです。

仁王門 観音堂 梵鐘
仁王門 奥州三観音 富山観音堂 梵鐘

富山展望台 展望台からの眺望
富山展望台 麗観の名にふさわしく秀麗な松島の島々を一望できます

大仰寺

大仰寺は富山観音堂から少し下ったところにある寺で、瑞巌寺第100世洞水によって開かれました。柵で
囲まれた境内の庭園には茅葺のガラス戸の本堂、紫雲閣があります。明治天皇・大正天皇も東北巡幸の際に
ここに登られ休息をとられたそうです。ここからの眺望もまた展望台からのそれに勝るものがあります。

大仰寺庭園入口 庭園 本堂 紫雲閣
大仰寺 庭園入口 麗観の眺めにも劣らない綺麗な庭園 本堂 紫雲閣

紫雲閣からの眺望 庭園からの景色
紫雲閣の濡れ縁から見える眺望(東側) 庭園からみた松島湾(南東側)

紫雲閣の額 大仰寺本堂 明治天皇・大正天皇 御休息の間
紫雲閣と掲げられた額 大仰寺 紫雲閣 本堂内 明治天皇・大正天皇 御休息の間


その他の見所

現在、富山へ行くには県道奥松島線側から登る裏参道側が主となっていますが、町内手樽三浦地区には表参道
が境内へと続いています。ただし道は朽ちぎみですので、ここから登っていくのは少々厳しいです。
また境内には「富山の杉」と呼ばれる杉の巨木と「しろいたもみ」と呼ばれるモミの巨木があります。どちらも周囲
4m、高さ45mもあり、古くから湾内を航行する船の目印となっていました。頂上一帯の林は松島の原生林の
面影を今も保っています。

表参道 石段 最終部 富山の森
少々朽ち気味の表参道 表参道最後の石段 崩れて登りにくです;; 富山一帯は深い森に覆われています

富山(麗観)への地図
富山 観光地図


富山(麗観) 観光情報データ


大仰寺宗派  臨済宗
大仰寺開山  洞水
お問合わせ  022-354-2618 (松島観光協会)
所在地     宮城県松島町手樽字富山
駐車場     あり (数台分のスペースがあります)
アクセス   電車 JR仙石線 陸前富山駅より徒歩40分
        車   三陸道松島北ICから国道45号経由10分

入庭料
    一人につき 100円  

   宮城の旅メイン | 松島町メイン |
Copyright (C) MiyaginoTabi Co., Ltd. All Rights Reserved since 2006
powered by Ksystem